はしくれSEめも

SEに必要情報をめも程度に残していこうと思っています。

【Handsontable】行を非表示にする

Handsontable(ハンズオンテーブル)で行の非表示について紹介します。 HandsontableとHandsontable Proとでやり方が違うので注意してください。 ※Handsontable Proは、どちらのやり方でも非表示にできます。 以下を参考にしてみてください。 たぶん、そのま…

【Handsontable】AutoRowSize 高さ サイズ 取得

Handsontable(ハンズオンテーブル)では、色々なプラグインが用意されています。 AutoRowSizeというプラグインのgetRowHeightを使用して、行の高さサイズを取得します。 getRowHeightとは 計算された行の高さサイズを取得します。 パラメーター 説明 row 行…

【Handsontable】AutoColumnSize 幅 サイズ 取得

Handsontable(ハンズオンテーブル)では、色々なプラグインが用意されています。 AutoColumnSizeというプラグインのgetColumnWidthを使用して、列の幅サイズを取得します。 getColumnWidthとは 計算された列の幅サイズを取得します。 パラメーター 説明 col…

【Handsontable】AutoColumnSize

Handsontable(ハンズオンテーブル)では、列の幅サイズを自動で調整してくれる オプションが存在します。 AutoColumnSizeというオプションを使用します。 注意 列の幅サイズを自動調整するためには、 すべてのセルの幅を計算する必要があるため、 テーブル…

【Handsontable】AutoRowSize

Handsontable(ハンズオンテーブル)では、行の高さサイズを自動で調整してくれる オプションが存在します。 AutoRowSizeというオプションを使用します。 注意 行の高さサイズを自動調整するためには、 すべてのセルの高さを計算する必要があるため、 テーブ…

【Handsontable】afterChangeよりもbeforeChange

入力したデータを加工や変換したり、入力をキャンセルしたい場合があると思います。 Handsontable(ハンズオンテーブル)では、おそらくbeforeChangeやafterChangeの イベントを使用すると思います。 私的にはbeforeChangeをおすすめします。 理由:afterCha…

【Handsontable】source 引数の定義

Handsontable(ハンズオンテーブル)でよくbeforeChangeなどイベントのパラメータにsourceがあります。 sourceは、何のアクション(イベント)でトリガーとなったかを判定する際に使用できます。 ただ、何が入ってくるのかいつも疑問に思います。 そこで一覧…

【Handsontable】readOnly 読取専用

読取専用 Handsontable(ハンズオンテーブル)では、簡単にセルを読取専用にできます。 本日は、そのやり方についてご紹介します。 $(function(){ var data = [ ["", "Ford", "Tesla", "Toyota", "Honda"], ["2017", 10, 11, 12, 13], ["2018", 20, 11, 14, …

【SQL Server】おすすめ初期設定

SQL Serverのオプションを最適化するための おすすめ初期設定をまとめました。 照合順序 SQL Server では、文字の大小関係を比較する場合の基準を照合順序 (collation) と呼んでいます。 例えば、「朝」と「海」ではどちらが大きいのか、「あ」「ア」「ア」を…

【SQL Server】トランザクション分離レベルをOracleと合わせる

実は、SQL ServerとOracleとでトランザクション分離レベルが違うんですね。 SQL Serverのトランザクション分離レベルをOracleと同じように設定する方法をまとめました。 SQL Serverのトランザクション分離レベルについて SQL Serverで設定できるトランザクシ…

【Handsontable】列を非表示にする

Handsontable(ハンズオンテーブル)で列の非表示について紹介します。 HandsontableとHandsontable Proとでやり方が違うので注意してください。 ※Handsontable Proは、どちらのやり方でも非表示にできます。 以下を参考にしてみてください。 たぶん、そのま…

【Handsontable】列数

列数の取得 以下の方法でも列数を取得することができます。 Handsontable(ハンズオンテーブル)で表示されている最初(min)の列(Column)と最後(max)の列(Column)の値を取得します。 autoColumnSizeというプラグインを使用します。 ※ autoColumnSizeはHandson…

【Handsontable】行数

行数の取得 以下の方法でも行数を取得することができます。 Handsontable(ハンズオンテーブル)で表示されている最初(min)の行(Row)と最後(max)の行(Row)の値を取得します。 autoRowSizeというプラグインを使用します。 ※autoRowSizeはHandsontableがレンダ…

【Handsontable】ペースト スキップ

ペースト時のテクニック Handsontable(ハンズオンテーブル)には columnsプロパティにskipColumnOnPasteというメンバーがいる。 型:Bool デフォルト値:false skipColumnOnPasteをtureにすることで、 ペースト時に該当列はスキップしてくれるという便利な…

【Handsontable】コンテキストメニューからのコピー&ペースト

コンテキストメニュー Handsontable(ハンズオンテーブル)では、コンテキストメニューに標準でコピーとペースト(貼付け)のコマンドがない。 はしくれSEとしては、Ctrl+C、Ctrl+Vで問題ないが、以外にショートカットを知らない人もいる。 なので、はしくれ…

【Handsontable】データの取得 まとめ

Handsontable(ハンズオンテーブル)のセルデータの取得方法をまとめました。 選択セルのデータやセル指定でのデータなどを取得できます。 色々と紹介していきます。 選択セルの場合 選択セルのデータを取得する場合、getValueを使用します。 getValueの使用…

【Handsontable】使い方

Handsontable(ハンズオンテーブル)のインストール方法から簡単な使い方をまとめました。 最終的にサンプル画面ができると思います。 インストール方法 以下からソースを取得。 Handsontable - Download Handsontable zipを解凍後、好きな場所に置き以下の…

Handsontableとは

Handsontable(ハンズオンテーブル)とは、ブラウザ上でExcel風の操作性が可能にする、 JavaScriptで書かれたスプレッドシートのライブラリです。 MITライセンスで公開されているオープンソースライブラリです。 有償版のHandsontable Proというのもあります…